上質な素材の手入れ

布

洗濯や乾燥の注意点

特殊な構造による通気性と保温性の高さを兼ね備えたリネンは高級な寝具の生地として有名ですが、これらの性能と丈夫で洗濯しやすい特徴を生かした洋服やニットや台所用品も多数存在します。一方リネンの洗濯は難しい、というイメージもあります。しかしリネン特有の性質を理解して対処すればそれほどのことはありません。リネンは生地の特徴として、洗濯すると繊維が詰まり10%ほど縮むことがあります。これが生地特有の風合いを生むのですが、洗濯ネットに入れてデリケート洗剤を使う、水流を弱めで脱水時間は短くするというポイントを守れば縮みを最小限に抑えることが出来ます。他にも縮む前提であえてゆったり目のサイズを選ぶ、または縮ませないための加工をしてあるリネン生地を選べば、お手入れも楽になるでしょう。縮むことで影響があるのはシワです。これに関しては脱水時間をわずかか全くかけずにタオルなどで軽く水気をとり、自然乾燥に任せることです。リネンは乾きやすい素材なので比較的短時間で自然乾燥させることができるのです。またリネンは繊維自体に色素が入りにくく、洗濯をすると色落ちが気になる生地でもあります。選択の際は洗濯ネットに入れたうえでデリケート衣類用の洗剤を使用して洗濯しましょう。これでも最初のうちは色落ちをしてしまうので、色落ちが落ち着くまでは単独で洗濯するようにしてください。他にも日向で干すと日光が色落ちの原因にもなりえるので、風通しの良い場所で日陰干しをすると良いでしょう。